すね毛 抜く 脱毛

すね毛をうまく抜く方法

 

なるべく痛くないようにすね毛を抜く場合、
以下の点に気をつけると良いそうです。

 

 

  • お風呂上がりで毛穴が開いている時に抜く
  • 肌が乾燥している時は、ローションやクリームで保湿してから抜く
  • 毛の生えている方向に沿って抜く

 


ところで、すね毛を抜くのは気軽な方法ですが、あなたは正しい知識を持っていますか?

 

知らないまま抜いていると、後で大変なことになる場合もあるって知ってますか?

 

この機会にすね毛の処理について、しっかりと勉強しておきましょう!

 

 

 

>>> 自宅で安全にキレイにすね毛処理できるのはこちら

すね毛は剃るのと抜くの、どっちが良いの?

 

抜くのと同じくポピュラーな方法である、すね毛を剃るという方法があります。

 

それぞれのメリットデメリットは、以下の通り。

 

メリット

デメリット

剃る 簡単。短時間でできる。

仕上がりが黒い点々になることも。
失敗すると肌を傷つける可能性。
続けていると黒ずみ、色素沈着する可能性あり。

抜く 1本ずつ抜くので確実。次が生えてくるまでは毛が無い状態が続く。 手術が必要になることもあるようなトラブルになる可能性あり。
次の項目で詳しく解説
↓↓↓

 

 

抜く、剃るで処理をしていて起こる重大な肌のトラブル

 

これは間違いなく知っておくべきことなので、こちらでしっかりと勉強していってください

すね毛を抜くのが良くない理由とは?

 

あなたは、「埋没毛」もしくは「埋もれ毛」といった言葉を聞いたことありませんか?

 

 

もし聞いたことが無ければ、大事なことなので今しっかりと覚えてください

 

 

やっかいな肌トラブル「埋没毛」

 

すね毛を抜くのは待った!!【後悔しないための脱毛法】

ムダ毛を抜く、剃るといった方法で処理していると、時に新しい毛が表面にでてこなくなり、皮膚下に生えてきてそのまま成長してしまうことがあります。

 

これが埋没毛と呼ばれるものになります。

 

場合によっては皮膚の下で炎症を起こし、最悪の場合には外科で切開手術(切って開いて膿を出す方法)をしなければならなくなるといった事例もあります。

 

 

また、一度埋没毛になってしまうと、治すためにはレーザー処理で治療をする必要があるそうです。

 

 

抜くや剃るといった方法は簡単で自分でしやすい方法ですが、後でこういったとんでもないトラブルにもなりかねませんので、
先のことを考えると、自己処理は今すぐやめた方が良いと言えるでしょう。

 

おすすめのすね毛処理方法をご紹介!

 

すね毛を抜くのは待った!!【後悔しないための脱毛法】

ムダ毛を処理する場合、大きく分けて3つの方法があります。

 

 

除毛 : 皮膚の表面に出ている部分の毛を取り除く方法。
抑毛 : 生えてくる毛の周期を遅くする方法。
脱毛 : 毛根から根こそぎ処理する方法。

 

 

除毛はまたすぐ生えてきますし、抑毛の場合は効果が出るまで時間がかかったり完全にムダ毛を無くすことは難しい場合もあります。

 

 

キレイにムダ毛を処理して、その後の処理から解放されたいなら、
一番効果が高く確実な方法の「脱毛」を選ぶことをオススメします

最も確実にムダ毛を処理できる、「脱毛」

 

自分の家で気兼ねなく脱毛したい人

 

「エステに行くのが恥ずかしい。」
「自宅で気軽に脱毛したい」

 

そんな希望をお持ちの方にはケノンがオススメ

 

ケノンはのエステでできる光脱毛と同じ原理での脱毛も可能で、男性の利用者も多い家庭用脱毛機になります。

 

 

↓↓↓ ケノンの公式HPはこちらをクリック!!
脱毛器

 

 

どうせなら、格好良くなりたい人

 

「キチンとしたところで脱毛したい」
「もっと男を磨きたい」

 

そんな男磨きに積極的な方には、最高レベルの脱毛ができるエステに行くことをオススメします

 

今なら数千円からの特別プランもありますので、まずは体験してみましょう!

 

 

メンズTBC 脱毛

 

 

ダンディハウス